介護福祉士 資格取得

介護福祉士になる為には資格が必要になってきます。
筆記試験と技能試験があり、どちらも合格した方のみが介護福祉士になることができます。
そして試験を受ける前に自分が受験資格の条件をクリアしているか、しっかりと確認しておきましょう。

1つは介護に仕事に関わった実務経験が3年以上ある方、もしくは福祉系高等学校を卒業しているかどうかです。
この2つのどちらかをクリアしていれば受験をすることができます。

実務経験とは、試験前日までに「満3年」を満たしていれば受験資格を得ることができます。
もし、どちらもまだ満たしていないという方であれば、満3年になるまで勉強をスタートしておくことをお薦めします。
大体の方は実務経験を積みながら、つまりお仕事と並行して勉強するのが主流です。
効率よく介護福祉士になるにはそれが一番の近道だと思います。

実際に働いて満3年を超えれば実務経験証明書をもらうことができます。
これを試験の時に提出しなくてはいけませんので、必ず用意するようにしましょう。

証明書は現在勤務している事業所や施設、もしくは過去に働いていた事業所や施設からもらうことができます。
個人開業者以外は、受験申込者本人が記入したものは無効になるので気をつけてくださいね。

介護福祉士は国家資格になるので、簡単に取得できるわけではありません。
やはりある程度の勉強時間は必要になってきます。
地道に長い時間をかけて前もって勉強を進めるのをお薦めします。