介護福祉士 資格

介護福祉士資格の取得方法は大きく分けてと2種類あります。

まずは養成施設で学ぶことです。
介護福祉士を育成する専門学校や短期大学、大学は沢山あります。
そこを卒業すれば介護福祉士の資格を取得できます。

そしてもう1つは実務経験を積んで国家試験を受けることです。
介護施設での実務経験が3年以上の経験を積めば可能になります。
試験は後で詳細を書きますが、筆記試験と実技試験の2つを合格して初めて取得出来るものです。

試験は1年に1回、毎年1月に筆記試験が行われ、その合格者が3月に実技試験を受ける権利を得ることができます。

大抵の方が、仕事をしながら受験勉強をしている方が多いです。
両立することはとても大変だと思いますが、しっかりと無駄なく勉強すれば国家試験と言えども無理なことではありません。

介護福祉士の資格を取得すれば介護をするという意味ではプロフェッショナルな立場で仕事と向き合うことになります。
充実感も勿論ですが、お給料の面でも世間的なニーズもグンと上がることが保証されています。

老人ホーム、身体障害者更正援護施設、心身障害者関係の施設など。
求められる場所はいくらでもあります。

介護というものに興味があるのであれば、誰もが憧れる最高峰の資格が介護福祉士だと言えるのではないでしょうか。