介護福祉士 国家試験

介護福祉士の試験は受験者数が年々増えている傾向にあります。
国家試験の中では合格率も極度に低いわけではないということ、もう1つは高齢者が増えていることからも安定の職業というのが増加要因ではないかと思います。

数年前の合格率を見ると約50%ほどでしたが、近年は60%を超えるようになりました。
これは単純に受験者数が増えているというのもありますが、間違いなく合格者は年々増えているようです。

試験内容は筆記試験と実技試験を共に合格しなくてはいけません。
筆記試験の場合は各科目ごとで試験が行われますが、全てに得点が必要となります。
今後介護福祉士になるのであれば、どれも重要になってくると思うので勉強してみてください。0円と振り込み手数料がかかります。

実技試験の場合は、筆記試験に合格した人のみが受講資格を得ることができます。
実技試験の合格基準は、筆記試験同様、総得点のうち60%程度です。

実技試験の他には介護技術講習を受けて実技試験を免除という方法もありますので、これは自分のスケジュールと合わせて検討してみてください。

介護福祉士の試験は簡単では無い…ということだけ念頭に置いておいた方が良いかもしれません。
介護のニーズが増えていることもあり、様々な制度が新しく導入されています。
これは学習する範囲も広くなるということを表します。
もしのんびり構えているのであれば、条件を満たした時点で早めに受験しておくことをお薦めします。
勉強の幅が広がるほど試験は難しくなっている傾向なので、介護福祉士に少しでも興味がある人は受験時期を早めに考えておきましょう。