介護福祉士 規制緩和

介護職は様々な改正点が多いことでも有名です。
ニーズが多いことも勿論ですが、より良い介護を目指す為に様々な改正点があるのでしょう。

介護職として皆さんが知っているのはホームヘルパーという職業ではないでしょうか。
このホームヘルパーが行っている訪問介護員制度を将来的には廃止しようというのは今一番話題になっていることです。

介護職の基本がホームヘルパーだったものが、介護福祉士にしようという案だそうです。
ただこれは現在ホームヘルパーの資格者が無効になるという意味ではありません。
ただニーズとしては介護福祉士の方が増えていくのは事実です。
現在ホームヘルパーの資格者も上を目指して介護福祉士の資格を取得しようという試みなのだと思います。

実際に国家資格を取得する為に勉強をするだけで知識量は違うと思います。
重要なのは知識なのか、それとも実務経験で個々を大事にするのか。
それはまた今後の介護職の課題になってくるものだと思います。

このような改正点が毎年何かしらの形で存在するものです。
しかし、介護福祉士のニーズは途絶えることが無いということは変わらないのです。

介護福祉士は、介護の専門的な知識や技術を所持しているという証明になります。
いくら自分の経験が足りなくとも、介護福祉士の資格を持っているという自覚はできるでしょう。
その自覚は仕事に繋がり、経験へとなっていく。
これは介護の必要な高齢者や、障害者をその人らしくサポートすることにも繋がります。

今後の日本の未来の為にも、介護職はとても重要な存在になります。
どんな改正点にも対応できる立派な介護福祉士を目指してみてください。