介護福祉士 概要

「高齢社会が進んでいる」というお話、テレビや雑誌などで見かけたことはありませんか?
誰もが知っている当たり前の情報ですが、ここで活躍するのが「介護福祉士」だと言うのはあまり知られていないお話かもしれません。

高齢化が進むと介護をする人も必要数が増えるというのは皆さんも想像できると思います。
一般家庭での介護も勿論介護に入りますが、介護施設での介護をするという選択肢もあります。
そこで介護をしている方達が介護福祉士という仕事になります。
他人様の高齢者を介護するとなると、全くの素人に預けるわけにはいきません。
質の高い介護サービスとして仕事とするには資格が必要になってくるのです。

介護福祉士の資格は確かな介護スキルを持っているという証明になります。
有資格者はどの施設でも求められる人材であることは間違いありません。
これは転職や再就職にはとても有利な武器になりますし、困ることは無いとまで言われています。

しかし介護のプロということを証明するには、介護福祉士の国家資格を持たなくてはいけません。
これは試験に合格すれば介護福祉士として働くことができます。

国家資格と言われているだけにある程度の実務経験や知識が必要になってきます。
高齢者も増え、介護をする人も増えなくてはいけないのに介護福祉士になるのは難しい…。

こうなれば、介護福祉士がどれだけ求められているか理解できると思います。